butterfly

奄美大島は、エメラルドグリーンの海や南国特有の植物が見所というイメージが大きいのですが、
本土では見ることのできない珍しい蝶も観察できます。

フルフラガーデンでは、2012年に蝶ハウスを建設し、オオゴマダラの飼育をはじめました。
オオゴマダラの他にも、蝶の食草を植えて、さまざまな蝶を呼ぼうと試みています。
花々や蝶に囲まれた、ゆっくりとした優雅な時間をお楽しみください。

オオゴマダラ
オオゴマダラ
(タテハチョウ科・マダラチョウ亜科)

東南アジアに広く分布し、日本では喜界島・与論島以南の南西諸島に分布しています。
分布域では平地から山地まで生息し、季節を問わず繁殖するので一年中見ることができます。
成虫の期間も長く、羽化してから数か月、条件が良ければ半年ほど生き続けます。

IMG_5443

オオゴマダラのサナギは綺麗な黄金色。
大きさは約4.5㎝程度で、夏場は1週間ほど、冬場は1ヶ月ほどをこの状態で過ごします。
幼虫は、キョウチクトウ科のホウライカガミの葉を食べます。キョウチクトウ科には毒があり、その葉を食べることで、幼虫は外敵から身を守っているのではないかと言われています。


蝶ハウスの様子をyoutubeのフルフラガーデンチャンネルにて紹介しています。
大きな羽を広げて滑空する姿が優雅ですので、ぜひご覧ください。

写真をクリックすると拡大表示されます。

« back to album

蝶ハウス